[PR]

 東芝の不正会計で株価が下がって損害を受けたとして、近畿の個人株主ら45人が、東芝と歴代3社長を含む元役員5人に計1億7362万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が19日、大阪地裁(高橋文清裁判長)であった。東芝・元役員側は請求棄却を求めた。

 5人は西田厚聡(あつとし)、佐々木則夫、田中久雄の歴代3社長と、最高財務責任者だった村岡富美雄、久保誠の両元副社長。訴えによると東芝は2008年4月~14年12月、有価証券報告書に水増しした利益を記載。不正の発覚で、株価は決算発表を延期した昨年5月から11月末までに約4割下がった。株主側は「虚偽記載がなければ株は買わなかった」として購入額を基準に賠償するよう求めている。

 不正会計をめぐっては東京、福岡地裁でも個人株主計56人が集団訴訟を提訴。東芝側も元役員5人に対し、会社に与えた損害計32億円の賠償を求めて東京地裁の別訴訟で争っている。