[PR]

 あなたは忍者の末裔(まつえい)ですか? 「忍者の里」で知られる滋賀県甲賀市が、甲賀忍者の子孫を探す調査団を結成した。その名も「ニンジャファインダーズ」。外国人観光客に人気がある忍者の里の魅力アップをめざし、埋もれている忍びのコンテンツを掘り起こす。

 調査団は1月、市観光企画推進室の職員6人と郷土史研究家らで結成。甲賀忍者の子孫が市内にどれだけいるか調べ、新たな文献や新事実の発見もめざす。

 市はこれまで、甲賀忍者の子孫については把握していなかった。江戸時代の文献に「忍びの技術を持っている武士」という記述が多く見られ、「忍者」よりも「武士」の家系として後世に伝わり、先祖が忍者であったことを知らない市民がほとんどだという。

 調査団は、甲賀地域で有力な忍者集団とされる「甲賀武士53家」と同じ名字を持つ世帯に着目した。

 望月、大原、多羅尾など53家と同じ名字の世帯を電話帳で調べ、1月下旬、市内725世帯にアンケートを送った。忍者の子孫かどうかや、手裏剣や巻物など忍者ゆかりのものが家にないかを尋ねた。15日現在、200世帯以上が回答し、31世帯が忍者ゆかりのものを持っていると答えた。

 伴資男(ばんすけお)さん(7…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら