神戸空港(神戸市中央区)は16日、開港10年を迎えた。空港では、全日空の社員らが水を含ませたモップで「ありがとう 10TH KOBE」とお祝いのメッセージを出発機の周りに書いて見送った。

 同社神戸事業部では、この日のために約10人からなる「モップ隊」を結成し、練習を重ねた。水文字は10分ほどで乾いて消えてしまうが、到着した飛行機が出発していくまで、その都度隊員らが書き直した。提案した隊長の金城(かねしろ)勝平さん(25)は「お客様に喜んでもらえたらうれしい」。夕方までの出発便のうち、5便で実施する予定という。(三嶋伸一)