[PR]

 川崎市の老人ホームで高齢の男女の入所者3人が相次いで転落死した事件で、このうち男性1人を殺害した容疑で神奈川県警に逮捕された元職員で無職の今井隼人容疑者(23)=横浜市神奈川区立町=が、他の2人の女性についても殺害を認める供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。今井容疑者は3人が死亡した晩にいずれも当直で勤務しており、県警は慎重に裏付けを進める。

 県警は16日午前、今井容疑者を横浜地検に送検した。捜査1課によると、今井容疑者は2014年11月3日午後11時ごろから翌4日午前1時50分ごろの間に、川崎市幸区幸町2丁目の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、入所者の丑沢(うしざわ)民雄さん(当時87)を4階ベランダから投げ落とし、殺害した疑いがある。丑沢さんは胸を強く打ち、内臓破裂で死亡した。今井容疑者は第一発見者だった。県警の調べに対し、「殺すつもりでベランダから投げ落としたことに間違いありません」と容疑を認めているという。

 川崎市などによると、この施設では他にも、同年12月9日に女性(当時86)が4階から、同月31日には別の女性(当時96)が6階からそれぞれ転落しているのが発見された。3人が転落したベランダの手すりの高さは約120センチ。転落した場所は施設の南西側の裏庭で共通していたほか、いずれの晩も当直として勤務していた職員は今井容疑者だけだった。転落死した3人について、県警は「変死」と扱っていたが、司法解剖はしていなかった。

 今井容疑者は昨年1月、施設内で入所者の女性の財布を盗んだとして、5月に県警に窃盗容疑で逮捕され、直後に懲戒解雇された。入所者3人の居室から現金11万6千円と指輪など4点(68万円相当)を盗んだ窃盗罪で、懲役2年6カ月執行猶予4年の判決を横浜地裁川崎支部で受け、確定している。