[PR]

 16日午前1時16分ごろ、長野県御代田町御代田の特別養護老人ホーム「きらく苑」で、入所者の清水佳今さん(80)が血を流して倒れているのを職員が見つけ、110番通報した。清水さんは同県小諸市内の病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡が確認された。佐久署は同じ施設の男性入所者から殺人容疑で事情を聴いているが、責任能力の有無も含めて慎重に調べを進めている。

 署などによると、施設には認知症の高齢者らが入所している。同日午前1時ごろ、部屋を巡回した職員がベッド上で倒れている清水さんを発見。顔に激しく殴られた痕があり、出血していた。清水さんは4人部屋で、室内にいた他の入所者は寝たきりの状態だったという。

 通報を受けて駆けつけた署員が、所内で手や衣服に血がついた男性を見つけ、身柄を確保したという。