石油輸出国機構(OPEC)の盟主、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相が16日、ロシアのノバク・エネルギー相らとカタールの首都ドーハで非公式に会談する。ロイター通信など欧米メディアが関係者の話として報じた。供給過剰から原油価格が1バレル=30ドル前後と歴史的な原油安が続く中、減産に向けた調整が進むかどうか注目される。

 報道によれば、会談にはOPEC加盟国のベネズエラやカタールの担当相も参加するという。

 ノバク氏は1月、サウジから産油国全体で最大5%の減産の提案があったことを示唆。サウジとロシアは日量1千万バレル規模の原油を生産しており、仮に5%の減産になれば両国だけで日量計100万バレル規模の減産になる。国際エネルギー機関(IEA)によると、昨年10~12月期で石油の供給が需要を同180万バレル上回っており、他のOPEC加盟国も協調すれば供給過剰はかなり和らぐ可能性がある。ただ、IEAなどには減産に向けた協議の行方に懐疑的な見方もある。

 OPECはロシアなど非加盟国が減産に協力しなければ、OPECとしても減産は難しいとの考えを示しており、会談ではロシアの対応が焦点になりそうだ。(ロンドン=寺西和男)

こんなニュースも