高速鉄道の輸出を競う日本と中国が、新たに参入する航空機でも火花を散らす。16日に始まったアジア最大のシンガポール航空ショーで、三菱航空機は、燃費の良さを誇るMRJの新規受注を発表した。中国メーカーは安さと政治力を武器に市場開拓をめざす。

 三菱航空機は16日、国産初のジェット旅客機MRJを20機受注することで、米エアロリース社と基本合意した。キャンセル可能分を含む受注数は日米を中心に427機になる。新規受注は1年半ぶりだ。

 「(昨年11月の)初飛行の後、北米でもアジア太平洋でもMRJへの関心が格段に高まっている」。シンガポールで記者会見した三菱航空機の森本浩通社長は胸を張った。

 高い経済成長が見込めるアジア太平洋は、どの航空機メーカーにも主戦場。座席数が100席以下の小型機の需要は今後20年間で約1千機と、三菱航空機はみる。日本以外のアジアで受注は少ないが、「競合より2割良い」(森本氏)という燃費を強調する。

 MRJと競合する小型機「ARJ21」を手がける中国の国有企業、中国商用飛機も負けていない。会場のど真ん中にMRJの2倍近いブースを構え、ARJの巨大模型を三つ並べた。

 「インドネシアやベトナム、カンボジアなどアジア市場が狙い。MRJに技術面では劣るが、機体の安さでは、こちらが上」と担当者は話す。

 中国商用飛機によると、ARJの受注は中国の航空会社を中心に300機超。MRJが18年に計画する航空会社への納入はすでに始め、今月中にも実際に客を乗せて飛ぶ予定だ。

 タイの航空会社やコンゴ共和国政府からも受注。政治的な結びつきのあるイランやパキスタン、モンゴルの航空会社などとも商談を進めているという。(シンガポール=都留悦史、北京=斎藤徳彦)

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら