[PR]

 西日本高速道路(ネクスコ西日本)は16日、東九州自動車道の北九州市から宮崎市までの約320キロで未開通区間として残っている椎田南―豊前間(7・2キロ)を4月24日に開通させると発表した。

 同区間では、福岡県豊前市のミカン園主が土地の提供を拒み、昨年7、9月の2回にわたって同県が土地を強制収用し、今春の開通を目指して工事が進められている。ネクスコ西日本の中津工事事務所によると、ミカン園付近の工事は最終段階を迎えており、道路の舗装やガードレールの設置などが残っているという。(小浦雅和)