[PR]

 川崎市の有料老人ホームで高齢の男女3人が相次いで転落死した事件で、入所男性に対する殺人容疑で逮捕された元職員で無職の今井隼人容疑者(23)=横浜市神奈川区立町=が神奈川県警の調べに対し、この男性について「手がかかる人だった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。県警は、介護のストレスなど複合的な動機があるとみて調べている。

 捜査1課によると、今井容疑者は2014年11月3日午後11時ごろから翌4日午前1時50分ごろの間、川崎市幸区の「Sアミーユ川崎幸町」で、入所者の丑沢(うしざわ)民雄さん(当時87)を4階ベランダから投げ落とし、殺害した疑いがある。

 施設側が設置した第三者委員会の調査によると、丑沢さんは要介護3で認知症の症状もあった。施設で働いたことがある男性は「丑沢さんは外に行きたがる人だった。散歩に出た際、『俺はいつ死んでもいい』と言って、車道に飛び出そうとしたことがあった」と話す。県警は、今井容疑者が当直勤務時、丑沢さんの介護をする中で、ストレスを募らせていた可能性があるとみている。

 施設などによると、丑沢さんの部屋は施設4階の南西角にあり、入り口ドアは夜間、施錠されていた。当直の職員3人はマスターキーを自由に扱えた。今井容疑者は転落した丑沢さんを最初に発見し、救急活動をしたと話していた。施設側の聞き取りに対して、「夜間の見回りで丑沢さんの部屋に行ったら本人がおらず、ベランダから『まさか』と下を見たら人影が見えた」と説明していた。

 今井容疑者は逮捕後、「殺そうと思い、ベランダから投げ落としたことに間違いありません」と供述。捜査関係者によると、他の女性2人についても自分が投げ落として殺害したと認めているという。(奥田薫子、照屋健)