[PR]

 コーヒーチェーン「カフェ・ベローチェ」でアルバイトをしていた女性(31)が契約更新を不当に打ち切られたとして雇い止めの撤回などを運営会社のシャノアール(本社・東京都豊島区)に求めた訴訟が16日、東京高裁(永野厚郎裁判長)で和解した。女性は退職に合意し、シャノアールは女性に解決金を支払う。

 女性は2003年から約3年半、08年から5年弱、それぞれ3カ月契約を更新して働いていたが、13年6月に雇い止めにあった。女性は13年7月、地位確認と損害賠償を求めて提訴し、一審・東京地裁は昨年7月、女性の請求をいずれも棄却し、女性が控訴していた。