[PR]

 生後2カ月の長男に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警は16日、堺市西区草部のアルバイト貫颯(ぬきはやて)容疑者(22)を傷害致死容疑で逮捕し、発表した。「一緒に寝ていたら泣き始めた。イライラして持ち上げ、布団の上に落としたら動かなくなった。パニックになり、反応を確かめようと強く前後に揺さぶった」と供述しているという。

 捜査1課によると、貫容疑者は昨年3月26日ごろ、当時住んでいた大阪市此花区春日出北3丁目のマンション自室で、長男の誠ちゃんの頭に強い衝撃を与えて硬膜下血腫などの重傷を負わせ、同4月2日に死亡させた疑いがある。司法解剖の結果、死因は外傷性脳浮腫で、府警は頭を激しく揺さぶるなどした可能性が高いとみている。

 貫容疑者は当時、事件後に離婚した妻(28)と長女(2)、長男との4人暮らし。妻は買い物で外出し、貫容疑者が子ども2人の面倒を見ていた。事件後、自ら119番通報し、救急隊員に「子どもを誤って落とした」と説明したという。逮捕前の先月26日、朝日新聞の取材に「何も話すことはない」と話していた。