[PR]

 自宅で覚醒剤を所持していたとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が、密売人と接触する様子がコンビニエンスストアの防犯カメラに映っていたことが捜査関係者への取材でわかった。清原容疑者が小さな袋を受け取ったところも映っていた。警視庁はこうした映像が、覚醒剤を購入した裏付けになるとみて調べている。

 捜査関係者によると、清原容疑者は1月31日午後9時ごろ、群馬県太田市内のコンビニエンスストア駐車場に自家用車を停車。防犯カメラには、清原容疑者に覚醒剤を売ったとして逮捕された同県みどり市の無職小林和之容疑者(45)が車に近づき、車内の清原容疑者に小さな袋を渡している様子が映っていたという。

 清原容疑者はこれまでの調べに、駐車中の車内で覚醒剤を購入したと供述。購入価格は約0・2グラムで相場の約3倍にあたる4万円だったと説明しているという。誰から購入したのかは明らかにしていないが、同庁は防犯カメラの映像などから小林容疑者を特定した。

 警視庁は、清原容疑者と小林容…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら