[PR]

 野菜などの食材を高温で熱した時に生じ、国際機関が発がん性がある可能性を指摘している化学物質アクリルアミドについて、日本人への健康影響を検討していた内閣府食品安全委員会の作業部会は16日、「懸念がないとは言えず、できる限り低減に努める必要がある」とする評価書案を委員会に報告した。

 アクリルアミドは、炭水化物を多く含む食材を揚げる、焼く、あぶるなどして120度以上の高温で加熱したときに生じる。ジャガイモを原材料とする料理やスナック菓子、穀物を原材料とするビスケットなど様々な食品に含まれ、家庭での調理でも生じる。

 評価書案は、人の摂取量とがん発生との関連には一貫した傾向はみられず、「健康影響は明確ではない」と指摘した。日本人の推定平均摂取量は体重1キロあたり1日0・24マイクログラムで、動物実験でがん発生の増加が確認されている量のおよそ1千分の1だった。しかし海外のリスク評価機関の中には、1万分の1より多い場合は低減対策が必要だとするところもあるため「懸念がないとは言えない」と結論づけた。

 日本人がどんな食材からとって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら