[PR]

 塗装大手「日本ペイント(現日本ペイントホールディングス=HD)」(大阪市)の塗料の製法に関する営業秘密を、転職先に不正に流出させたとして、愛知県警は16日、元取締役で東証2部上場の塗料メーカー「菊水化学工業」(名古屋市)常務取締役、橘佳樹容疑者(62)=同市瑞穂区=を不正競争防止法違反(営業秘密の開示)の疑いで逮捕し、発表した。

 生活経済課によると、橘容疑者は日本ペイント取締役で子会社「エーエスペイント」(愛知県豊明市)の汎用(はんよう)技術部長だった当時、営業秘密が保管されたサーバーにアクセスし、塗料の製法に関する社外秘情報を印刷。さらにパワーポイントを使って別の文書にデータを写し、2013年1月ごろにUSBメモリーに保存した。その上で、日本ペイントと競合関係にある菊水化学工業に移った13年4月ごろ、不正に利益を得るため、データを複数の同社社員に伝えた疑いがある。

 橘容疑者は「弁護士に相談してから話します」と認否を留保しているという。

 流出したのは、日本ペイントの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら