【動画】話した言葉を自在に表示 観光案内で活用 三菱電機=南日慶子撮影
[PR]

 スマートフォンなどの画面を指でなぞったところに話した言葉を表示する「しゃべり描きアプリ」を、三菱電機が開発した。翻訳して外国語で表示することもでき、観光案内などでの活用を想定している。

 画面をなぞって絵などを描くお絵かき機能や、話した内容を把握する音声認識の機能を組み合わせた。例えば、画面上に写真を表示して、行きたい店舗を指でなぞりながら「この店に行きたいです」と話すと、その言葉が画面に表示される。外国語に翻訳して示せば、観光時の道案内などで活用できるという。

 2016年度から実証実験をはじめる。将来的には観光案内所の駅、空港などでの利用を目指す。

関連ニュース