[PR]

 JR仙台駅に近い10階建てのビルから昨年暮れ、佐々木桜さん(35)は身を投げた。宮城県石巻市に同性のパートナーと住んでいた。遺書はなく、理由はよくわからない。自分らしくありたい、生きづらい世の中を変えたいと、もがいて、もがいていた。

 一緒に暮らしていた佐々木敬海(ひろみ)さん(42)は女性の体で生まれたが、男性として生きている。2人は6年半前、ネットで知り合った。

 精神科に通院し体調を崩しがちだった桜さんを、敬海さんは、震災復興工事の警備員の仕事をしながら支えた。桜さんは両親に恋人として紹介したが、理解が得られなかった。写真店を探し、一昨年10月、ウェディングドレスとタキシード姿で記念撮影をした。

 2人で悩んだ末、その年の12月、養子縁組をした。敬海さんが養母、桜さんが養女で、同じ佐々木姓に。望んだ形とは違うけれど、正式な「家族」になった。

 昨年6月、桜さんは同性婚の法制化を求める人権救済の申し立てに加わった。桜さんは取材に「異性カップルは堂々としていられるのに、同性だと公にもできないのは不公平だ」と答えていた。

 8月には仙台、10月には横浜。性的少数者(LGBT)たちが集まるイベントに2人は出かけた。8月、記者へのメールに「ひとりで悩みを抱える当事者の方がたくさんいる。そういった人のためアクションを起こしたい」とあった。

 11月には、桜さんから電話を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら