[PR]

 大相撲初場所で初優勝を飾った大関琴奨菊の、取組前に体を大きく反らせるルーティンの名が「琴バウアー」に落ち着いた。16日に日本記者クラブで開かれた琴奨菊の会見で決まった。

 「菊バウアー」とどちらがいいかで琴奨菊自身も悩んでいた話題の一つ。会見で琴奨菊が外国通信社の女性記者に決めてもらうのを提案し、「琴」になった。

 「琴」については先代師匠の元横綱琴桜から「今に王になるとの意味がある」と聞かされたことがあるといい、「意味もよくてこれでいいんじゃないですか」。

こんなニュースも