[PR]

■今井雅人・維新の党幹事長

 安倍政権のほころびが見え、参院選も近づいている中で、野党としてどうやって政権に対峙(たいじ)していくか。胸襟を開いていろんな方と話をする時期に来ている。(野党は)全体的にもっと危機感を持たなければいけない。参院選で改憲勢力に3分の2を取られてしまうということは、政治的大敗北だ。向こう5年10年は政権交代もなく、(自民一強の)体制が続いてしまうことになりかねない。

 その危機感さえあれば、様々な思い切った行動・判断ができると思う。まず、そういう危機感を共有することが大事ではないか。「政権を奪取するんだ」という気概を民主党も含めて、野党全体がもっと持つべきではないかと思う。

 (共産党とは)一党独裁の体制を崩さなければいけないということで、考え方は共有している。野党全体がそこをしっかりと共有し、しがらみや障壁を乗り越えていかなければいけない。そういう方向に向かって、野党各党が意識を持って動いてほしい。(記者会見で)

こんなニュースも