元国連事務総長で元エジプト副首相のブトロス・ガリ氏が死去した。93歳だった。国連安全保障理事会議長国のベネズエラ国連大使が16日、明らかにした。

 ガリ氏はカイロ生まれ。カイロ大学卒業後にパリ大学で学び、国際法の博士号を取得。サダト大統領時代の1977年に外交担当国務相として入閣した。同年1月にサダト氏に同行してイスラエルを訪問。78年には中東和平をめぐる米キャンプデービッドでのサダト大統領とイスラエルのベギン首相との会談に加わり、平和条約締結に深く関わった。

 サダト氏の暗殺後もムバラク大統領の信頼を得て、91年に副首相に昇格するまでエジプト外交の中枢にいた。

 92~96年に第6代国連事務…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら