[PR]

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は16日、決勝トーナメント(T)1回戦第1戦2試合があり、パリ・サンジェルマン(PSG、フランス)がホームでチェルシー(イングランド)に2―1で勝った。PSGは一度は同点にされたものの、後半33分、途中出場のFWカバニがゴールを決めて勝ち越した。ベンフィカ(ポルトガル)はホームでゼニト(ロシア)を迎え、後半ロスタイムのゴールで1―0で先勝した。ホームとアウェーを入れ替えて行われる第2戦は3月9日に行われる。

 3季連続で決勝Tで顔を合わせた両チーム。過去2季は接戦を演じてきたが、この日は両チームの今季の出来が反映された。

 PSGはフランスリーグで22勝4分け。2位に勝ち点24差をつけて首位を独走する。一方のチェルシーはイングランドリーグ戦で12位と低迷。昨年末モウリーニョ前監督を解任し、ヒディンク監督の下、チームの立て直しのさなかだ。

 PSGのボール支配率は61%…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも