[PR]

 千葉市内で昨年6月、イヤホンで音楽を聴きながら自転車を運転中、歩行者の女性にぶつかり死亡させたとして、重過失致死罪に問われた千葉市稲毛区の男子大学生(20)に対し、千葉地裁(岩田真吾裁判官)は23日、禁錮2年6カ月執行猶予3年(求刑禁錮2年6カ月)の判決を言い渡した。

 判決によると、当時19歳だった男子大学生は昨年6月10日午後7時ごろ、稲毛区の県道を、イヤホンで音楽を聴きながら時速約25キロで走行中、赤信号を見落とし、前方の横断歩道を渡っていた歩行者の女性(77)にぶつかり、死亡させた。

 岩田裁判官は「赤信号を見過ごして被害者に気づくのが遅れ、衝突した。過失程度はまことに大きい」と指摘した。

 判決言い渡しの前、岩田裁判官から「何かありますか」と問われた男子大学生は「今後は何事にも注意して生活するようにします。今回は本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。