同志社大学は17日、神学部、商学部、心理学部、グローバル地域文化学部の一般選抜入試(9日実施)の世界史で出題ミスがあったと発表した。150点満点中3点を配点した問題の文章で、「14世紀後半」とすべき部分を「16世紀後半」と表記していた。受験者4232人のうち世界史を選択した1153人全員を正解とし、合否判定に影響はないという。

 同志社大によると、ミスは予備校からの指摘で判明した。試験終了後に科目間で得点を調整し、受験科目による有利、不利も生じないとしている。