[PR]

 千葉県がんセンター(千葉市中央区)で、患者の検体を取り違え、30代の女性が右乳房を切除された問題で、院内事故調査委員会は17日、検体を検査室で別の容器に移し替えるまでの過程で取り違えた可能性が高い、との調査結果を公表した。委員長の長谷川剛・上尾中央総合病院院長補佐は「責任は病院に明らかにある」と指摘した。

 センターによると、30代の女性は、検体を同じ日に乳房の組織を採取した50代の進行した乳がん患者の検体と取り違えられた結果、昨年12月に右乳房を切除された。

 検体は乳腺外科で採取して容器に入れ、病理検査室に持って行き、別の容器に移し替える。調査委が聞き取りなどをした結果、乳腺外科で検体を容器に入れて氏名などが記されたラベルを貼る時や、病理検査室での受け付け、容器への移し替えの過程で取り違えがあった可能性があるという。ただ「客観的な証拠からは特定できない」とした。

 さらに、診療方針を検討する場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら