[PR]

 新潟県南魚沼市の大型リゾートマンション「ツインタワー石打」(576戸)の管理費2500万円を着服したとして、警視庁は17日、横浜市青葉区しらとり台、管理組合の元理事長木村秀夫容疑者(68)を業務上横領容疑で逮捕し、発表した。「株取引などに使った」と容疑を認めているという。

 捜査2課によると、木村容疑者は組合の理事長だった2009年10月~10年1月、管理組合の管理費を自分名義の口座などに送金する手口で2500万円を横領した疑いがある。理事会には通帳をコピーして改ざんした預金残高を報告していたという。同課は10年以上にわたり計数億円を着服したとみて調べている。

 木村容疑者は当時、公認会計士の資格を持ち、1999年に理事長に就任。14年10月の理事会で経理面に不審な点が見つかり、実物の通帳の提出を求められて不正を打ち明けたという。