[PR]

 国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会審査部門は17日、元FIFA理事で、ドイツ代表選手としてW杯優勝に導いたフランツ・ベッケンバウアー氏を警告と7千スイスフラン(約80万円)の罰金の処分にしたと発表した。ベッケンバウアー氏は再三の要請にもかかわらず、2018年と22年のW杯招致を巡る不正に対する調査に協力しなかったため。06年W杯ドイツ大会の招致とは関係ないという。(ローマ)

こんなニュースも