[PR]

 X線天文衛星「ひとみ」を打ち上げたH2Aロケット30号機の2段目が富士山上空を横切る姿を、東京都八王子市在住のアマチュア写真家の池田晶子さん(59)がとらえた。打ち上げの約2時間後の17日午後7時34分から10分間、山梨県・山中湖から撮影。空を横切りながら白い筋を3本出す様子を確認した。

 宇宙航空研究開発機構によると、白い筋は地球を1周した後のロケットの2段目が姿勢を変える際に噴出したガスという。人工衛星などの観測や軌道予測を続けている倉敷科学センター(岡山県倉敷市)の三島和久学芸員によると、見えた方角や高さは予測していた2段目の軌道と一致しているといい、自らもガスが噴出される様子を撮影したという。