[PR]

 川崎市の有料老人ホームで入所者の男女3人が転落死した事件で、うち1人の男性(当時87)を4階から投げ落としたとして殺人容疑で逮捕された元職員・今井隼人容疑者(23)が、「他の職員が巡回を終えてから、男性の部屋に行った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。神奈川県警は、男性と2人きりになるのを狙ってベランダに連れ出したとみて調べている。

 県警の調べや施設の説明によると、男性が転落したのは2014年11月3日午後11時ごろから翌4日午前1時50分ごろ。今井容疑者を含む3人が夜勤をしていた。1人は仮眠をとり、残る2人が約80の居室を回って入居者の世話をしていた。

 捜査関係者によると、今井容疑者は「もう1人の職員が巡回を終えて戻ってきたのを確認してから、男性の部屋に行った」と供述。男性の部屋や周辺で他の職員と鉢合わせになるのを避けたとみられている。

 また、今井容疑者は男性をベランダに連れ出した方法については、「ベッドで寝ている男性を起こし、無理やりベランダまで連れて行った」と説明。男性は要介護3だが、自分で歩くことができたという。

 男性の居室は4階南西の403…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら