[PR]

 子育て世帯のうち収入が生活保護基準以下の割合は2012年で13・8%だったことが山形大学の戸室健作准教授の研究でわかった。1992年から20年間で2・5倍に急増。とりわけ沖縄県は37・5%と子育て世帯の4割近くだった。

 戸室准教授は、生活保護の受給基準となる「最低生活費」以下で暮らす子育て世帯は貧困の状態にあると想定。総務省の「就業構造基本調査」などの統計をもとに計算した。

 18歳未満の子どもがいる世帯のうち、貧困状態にある世帯は92年で約70万世帯(5・4%)。これが12年には146万世帯(13・8%)になった。世帯数で倍増、世帯割合で2・5倍となり、深刻化する「子どもの貧困」を裏付けている。

 39都道府県で子育て世帯の1…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら