[PR]

 広島市安佐南区で昨年6月、男子大学生が変死体で見つかった事件があり、広島県警は18日、別の詐欺事件で逮捕していた広島県安芸高田市甲田町高田原の無職山本勝博容疑者(43)が学生を殺害し、金を奪った疑いが強まったとして、強盗殺人容疑で再逮捕した。

 県警によると、山本容疑者は昨年6月ごろ、約100万円の返済を免れるため、広島市安佐南区長楽寺の大学生佐藤裕樹さん(当時24)に抗うつ剤などの薬剤を服用させたり、注射したりして風呂場の浴槽につけて殺害し、現金数万円を奪うなどした疑いがある。