[PR]

 高級ファッションブランド「モンクレール」などのコピー商品を大量に所持していたとして、警視庁は、大阪市内の販売業者と製造業者ら4人を商標法違反容疑(販売譲渡目的所持)などの疑いで逮捕し、18日発表した。ロゴマークの偽造ワッペンを縫い付けたパーカなどをインターネットを通じて販売していたという。

 逮捕されたのは、販売会社「RCコーポレーション」(大阪市中央区)代表の日浅茂(63)=同市西成区=や製造会社「フジイ商会」(同市北区)代表の藤井賢三(78)=同市住吉区=の両容疑者ら4人。

 生活経済課によると、4人は昨年11月10日、両社内でモンクレールのロゴマークを偽造したワッペンを縫い付けたパーカやTシャツ約1千点を販売目的で所持していたほか、フジイ商会の工場で偽造ワッペン811点を所持していた疑いがある。偽造ワッペンは中国から仕入れていた、と同課はみている。

 4人は2800円で仕入れたパーカに偽造ワッペンを縫い付け、インターネットを通じて約1万8千円で販売していたという。同課は、2011年からの4年間で少なくとも4730点のコピー商品を約1860万円で販売していたとみている。