[PR]

 女性宅への侵入容疑で逮捕された岐阜市職員が、他人名義の運転免許証を偽造していた疑いが強まり、岐阜県警は18日、同市職員伊藤英二容疑者(34)=同市加納矢場町=を有印公文書偽造・同行使の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、伊藤容疑者は昨年12月下旬~今年1月初旬、自宅でパソコンなどを使って他人名義の自動車運転免許証を偽造。身分を証明する際に使った疑いがある。

 伊藤容疑者宅などを家宅捜索したところ、他人名義の免許証が3通見つかったといい、県警は使用目的や余罪について捜査している。