[PR]

 日米両政府は18日、羽田空港からの米国便を増やすことで合意した。これまでなかった昼間(午前6時~午後11時)の発着便が認められ、今年秋には米東部のニューヨーク便などが実現する見通しだ。ビジネス客らの利便性は上がるが、競合する成田空港には、重い課題が突きつけられる。

 これまで深夜・早朝(原則午後11時~翌午前6時)に発着する8便だけだったのが、10月下旬にも、昼間10便、深夜・早朝2便となる。日本と米国の航空会社に半分ずつ配分する。

 国土交通省は5月をめどに、日本に配分された発着枠を航空会社に割り振る方針だ。公的支援で再建した日本航空との競争条件を考え、全日本空輸に4便分を割り振る方向で調整する。

 昼間の発着便では、ニューヨークやシカゴなどの路線が実現しそうだ。都心に近いため、ビジネス客の人気を集めそうだ。国内線が多いため、地方の人にも便利になる。石井啓一国交相は、「首都圏のみならず、国内線の乗り継ぎを含めたビジネス、観光需要に対応できる」と話した。

 一時期は「原則として国内専用」だった羽田は、2010年秋に国際定期便が復活した。就航先もアジアから欧州などにも拡大。今では国際線が1日最大100便を超え、日本では成田、関西に次ぐ「国際空港」になった。さらに国交省は2020年までに、飛行ルートの見直しなどでさらに50便ほど羽田の国際線を増やす方針だ。

 ただ、都心に近いのが「売り」なのに、ビジネス客の利用が多い米東海岸便が無かった。深夜に出発すると到着も深夜になるため、利用者が少ないとみて、運航する航空会社が無かったからだ。