[PR]

■阪神

 視察に訪れた球団OBの江夏豊さんから、先発ローテーション入りを目指す若手2人が貴重な助言を受けた。

 江夏さんが見守る中で投球練習した7年目の秋山。あいさつに向かうと、「投球に柱がない。何を柱にするんだ」と言われた。

 秋山の答えは「外角低めです」。ならば、と江夏さん。「100球投げるなら、100球全部アウトローに放れ。それくらいやらないといい投手にはなれない」。抜群の制球力で通算206勝を挙げた大投手からの金言に、秋山は「自信を持って投げられるよう、精度を上げます」。

 同じ左腕としてクイック投法に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも