[PR]

 コンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児をリアルに描いて販売したら、児童ポルノにあたるのか。そんな争点の刑事裁判が東京地裁で続いている。検察側は「CG技術を悪用した犯行」として懲役2年罰金100万円を求刑。弁護側は「芸術作品で、無罪だ」と訴える。判決は3月15日に言い渡される。

 裸の女児の写真データを素材とし、パソコンで児童ポルノ34点を作製して販売したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造など)の罪に問われたのは岐阜市のグラフィックデザイナーの男性被告(55)。警視庁によると、CGを児童ポルノとして摘発した初めての事例だった。

 被告が参考にしたのは、1980年代に出版された写真集。問題のCGは一見すると写真にも見える精巧なものだが、元の写真にはない体のパーツが描かれたり、構図やポーズが違ったりするものもあった。

 昨年暮れの論告で検察側は「実在する女児の写真を元に極めて似せて描き、うち数点はほとんど違いが分からない」と指摘。弁護側は「実在の児童を描いたものではなく芸術作品。これを罰することは芸術を踏みにじるものだ」と訴えた。

 昨年10月にあった被告人質問では、本人が制作の意図や過程を詳しく語った。

 被告は画家の父に幼い頃から絵筆を持たされ、中学生の頃には写真にも興味を持つように。高校の美術科で絵画を学び、美大に進んで写真を専攻した。

 自らが目ざすことについて「理想の人体を描くこと」と説明。「男女問わず人間の体は美しく、それが一番あらわになるのがヌード」と述べた。少女の写真集を参考にした理由は「被写体が素人で、予定調和の世界にはない魅力を感じた」と語った。

 元の写真をなぞったり、スキャンした画像をそのまま使ったりしたことはなく、頭の中で構図やポーズを考えて一から描いたと証言。元の写真にはない筋肉の陰影や、薄く透けて見える毛細血管なども描き、1枚に数カ月をかけたという。ただ、顔は「記号性があり、固有の顔に寄せないと顔として成り立たない」と述べ、元の写真に似せたと認めた。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら