集英社と講談社は、過去に発売した少女漫画や幼児誌の付録のマニキュアから発がん性物質ホルムアルデヒドが検出されたと発表した。両社は使用中止を呼びかけるとともに、回収手続きを始めた。講談社は、マニキュアを付録に予定していた「たのしい幼稚園」4月号増刊「ひめぐみvol.33」(3月15日発売予定)の発売も中止した。

 回収するのは、集英社が昨年発売した「りぼん」8月号の付録「シャイニーネイルカラー」と、講談社の「おともだちピンク」2014年11月号の付録「ピンクマニキュア」、「なかよし」15年1月号の付録「グリッターネイル」。

 いずれも発売前の検査では検出されなかったというが、集英社は国民生活センターの商品テストで、講談社は自主検査で微量の成分が検出されたという。両社はそれぞれ「敏感な体質の場合、肌が赤くなるなどの反応がでる可能性がある」として使わないよう注意を呼びかけている。