[PR]

 兵庫県加古川市の川で昨年12月、大阪府吹田市のアルバイト店員大山真白(ましろ)さん(20)の遺体が見つかった事件で、18日に殺人容疑で県警に逮捕された知人のアルバイト礒野和晃容疑者(21)=加古川市東神吉町砂部=が「ハンマーで何度も殴った。殺害直後に遺体を遺棄した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。「大山さんの血のついたコートも捨てた」とも述べているという。

 県警は18日、礒野容疑者が容疑について「間違いない」と認めていると発表した。逮捕容疑は、昨年12月7日午前2時ごろ、加古川市加古川町友沢の加古川付近で、鈍器のようなもので大山さんの頭部を殴って殺害した疑い。

 捜査関係者によると大山さんは元交際相手の男性に約20万円を貸しており、返済をめぐってトラブルになっていた。昨年夏ごろ、別の人物に「取り立て役」として紹介されたのが礒野容疑者だった。2人は返済を求めて一緒に男性の勤務先を訪ねたこともあった。

 大山さんは昨年12月6日までの数日間で自分の口座から現金計約100万円を引き出し、同日に友人と吹田市内の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」に行った後、加古川に向かった。同日深夜~翌7日未明にJR加古川駅周辺を歩く大山さんの姿が複数の防犯カメラに映っていた。

 大山さんの自宅アパートにはメ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら