[PR]

 18日午後8時半ごろ、千葉県佐倉市王子台1丁目の教会「佐倉王子台チャペル」で男が女性1人を人質に取って立てこもった。佐倉署などによると、男は30代で、果物ナイフとバットを持っている。いずれも70代の男性2人と女性1人の計3人がけがをしたが、命に別条はないという。

 署などの説明では、当時、教会内には男を含めて男女計5人がいた。男が突然襲いかかり、男性2人がバットで頭を殴られ、女性は刃物で切られた。この3人が屋外に出て110番通報した。男はカウンセリングを受けに教会に来ていて、人質になっているのは女性カウンセラー、けがをしたのは男の両親と教会関係者だという。

 現場は京成臼井駅の北東約300メートルにある住宅街。佐倉市民音楽ホールの西側で、戸建て住宅やマンション、商店などが立ち並ぶ。

 近くに住む男性(64)は「午後9時ごろ、表が騒がしいので家族が外に出たところ、パトカーや救急車がたくさん集まっており、警察官から『外に出たり窓を開けたりしないで下さい』と言われた。何が起きているのかは分からない」と話した。