講談師の神田陽司(かんだ・ようじ、本名吉田祐二〈よしだ・ゆうじ〉)さんが18日、肝硬変で死去した。53歳だった。通夜は21日午後6時、葬儀は22日午前10時30分から兵庫県尼崎市玄番南之町5の3の南出屋敷福祉会館で。喪主は兄吉田一幸さん。

 神田さんは、情報誌出版社勤務を経て先代の神田山陽さんに入門した“脱サラ講談師”。2003年に真打に昇進し、新作「坂本龍馬シリーズ」などで知られた。