[PR]

 フィギュアスケートの四大陸選手権は19日、台湾・台北市で第2日があり、男子ショートプログラム(SP)で、宇野昌磨(愛知・中京大中京高)が自己最高の92・99点で2位につけた。2年ぶりの優勝を狙う無良崇人(洋菓子のヒロタ)は89・08点で4位、田中刑事(岡山・倉敷芸術科学大)は74・82点で7位。2本の4回転ジャンプを決めた18歳の金博洋(中)が98・45点で首位に立ち、ソチ五輪銀メダルのパトリック・チャン(カナダ)は86・22点で5位。

 アイスダンスは村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)が総合7位、平井絵己、マリアン・デラアスンシオン組(大阪ク)は総合12位だった。

 〈SP4位の無良〉 「スピンもステップもレベル4がとれた。公式記録で90点近い点が出せたのはよかった」

 〈SP7位の田中〉 母親が台湾出身。「こっちに入って調子がかみ合ってきた。僕にとって初めての海外試合もここだった。思い入れのある場所」

 〈SP5位のチャン〉 「氷のコンディションが非常に悪かった。氷と戦いながら滑っている感触。ジャンプも失敗するんじゃないかと、おそれながらやっていた」