[PR]

(19日、フィギュアスケート四大陸選手権男子SP)

 大歓声を受けた金博洋がSP首位に立った。冒頭の4回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプ、後半にも4回転トーループと、自慢の跳躍力を見せつけた。「ジャンプの安定感が増したので、今は表現面の練習に力を入れている」。今季、シニアに上がったばかりの新星が、ますます力をつけてきた。

こんなニュースも