[PR]

 福岡県糸島市二丈福井で、農閑期の田んぼ約1ヘクタールに植えられた菜の花約5万本が満開となり、一面黄色く染まっている。

 物産直売所「福ふくの里」が店の前の田で、3年前から観賞と食用として育てている。菜の花畑にせり出す展望台も立てられ、訪れた人たちは、黄色いじゅうたんのように広がる景色を、写真におさめていた。

 今年は暖冬の影響で開花が2週間ほど早まり、見ごろは3月末まで続きそう、という。直売所で袋を100円で購入し、菜の花を詰めて帰ることもできる。問い合わせは092・326・6886まで。(長沢幹城)