[PR]

(19日、スキージャンプW杯女子個人第15戦)

 1回目を96・5メートルの首位で折り返し、総合優勝をかけた高梨の2回目。小雪が舞う中でのジャンプは勢いが衰えなかった。ぐんぐんと伸び、最長の99・5メートル。自身が1回目に作った女子W杯のジャンプ台記録をあっさり更新した。

 来年の世界選手権が開かれるラハティで女子W杯が行われるのは、今回が初めてだ。上位の選手の多くはこのジャンプ台で試合を経験したことがない。高梨も夏の合宿で飛んだ経験はあるものの、「夏と冬では感覚が全く違う」という。

 前日の練習が悪天候でキャンセ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも