【動画】ライスボウルの決勝TDプレーを解説=大西史恭撮影
[PR]

 アメリカンフットボールの日本一を決めるライスボウル(朝日新聞社など主催)。1月3日にあった試合はパナソニックが立命大を22―19で破った。劇的な結末を演出した終了間際の一つのプレーに迫った。

 試合終了まで残り1分40秒。15―19。社会人王者のパナソニックは立命大にリードを許していた。第4ダウンで残り20ヤード。ゴールまでは55ヤード(約50メートル)――。残り時間を考えても、次のプレーで第1ダウンを更新できなければ、敗北が決まる。絶体絶命だった。

 パナソニックの荒木延祥監督は腹をくくった。「次がラストプレー。あれをやろう」。8年間温めてきた秘策に賭けた。

 その作戦は本場米国の大学のプ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら