[PR]

 国際報道で優れた成果をあげた記者に贈られるボーン・上田記念国際記者賞の2015年度の受賞者が19日、共同通信社の塩沢英一記者に決まった。塩沢記者は1987年に入社、社会部やジャカルタ支局、中国総局などを経て、現在は外信部次長。制約の厳しい中国の人民解放軍の動向を地道に取材し、空軍の西太平洋における制空権の強化や長期戦略を特報するなど、世界が注視する中国の軍事・安全保障の動きをいち早く報道してきたことが評価された。