[PR]

 柔道のグランプリ・デュッセルドルフが19日、開幕。男女計5階級があり、女子57キロ級ロンドン五輪金メダルの松本薫(ベネシード)が優勝した。準々決勝で昨年末のグランドスラム東京で敗れたR・シルバ(ブラジル)に競り勝つと、決勝はルスボー(仏)に寝技で一本勝ちした。

 同52キロ級の志々目愛(帝京大)は決勝でニェト(仏)に競り勝ち優勝。男子66キロ級の高市賢悟(東海大)は準決勝と3位決定戦で敗れて5位だった。

 この大会は、リオデジャネイロ五輪日本代表が決まる4月の選考会前の最後の国際大会となる。(野村周平)

こんなニュースも