[PR]

 兵庫県加古川市で昨年12月、大阪府吹田市のアルバイト店員大山真白(ましろ)さん(20)の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕されたアルバイト礒野和晃容疑者(21)=加古川市東神吉町砂部=が事件後、バイクを追加して買っていたことが捜査関係者への取材でわかった。「改造費を含めて数十万円使った」という趣旨の供述をしているといい、県警は代金の出どころや事件との関連を調べる。

 捜査関係者らによると、大山さんは昨年12月6日、友人と吹田市内の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」に行った後、加古川に向かった。同日を含む数日間で自分の口座から計約100万円を引き出していたことも分かっている。

 これまでの捜査で、大山さんが100万円を使った形跡は確認されておらず、自宅などでも見つかっていない。県警は、大山さんが現金を加古川へ持って行ったとみている。