[PR]

 川崎市の有料老人ホームで入所者の男女3人が転落死した事件で、1件目についての殺人容疑で元職員・今井隼人容疑者(23)が逮捕されてから22日で1週間になる。「手がかかる人だった」「入浴の介助で困っていた」。供述からは、介護の仕事へのストレスや不満が動機として浮かぶ。物証が乏しい中、神奈川県警は供述の様子を録音・録画するほか、再現実験をするなどして慎重に裏付けを進めている。

 「本当のことを話さなければいけないと思った」。県警の任意の事情聴取に、今井容疑者が殺害を認めたのは15日。2014年11月上旬に男性(当時87)を4階のベランダから投げ落とした容疑で、15日夜に逮捕に踏み切った。

 3件の転落死が続いたのは、今井容疑者が「Sアミーユ川崎幸町」で働き始めてから半年後のことだった。捜査関係者によると、14年12月末に3人目の女性(当時96)が6階から転落した際、今井容疑者は「自殺したようだ」と駆けつけた県警幸(さいわい)署員に説明していた。「これで3人目ですよね」と署員に問われると、黙っていたという。

 3件とも夜勤で、3人の心臓マッサージをしていた今井容疑者が関与している疑いがあるとみて、県警は捜査を始めた。だが、室内やベランダに防犯カメラはなく、目撃証言もない。県警は勤務状況などについて施設関係者への聴取を重ね、ベランダの約120センチの手すりを亡くなった人たちが乗り越えられるかなど、状況の再現実験もした。

 今年1月末からは今井容疑者の任意の聴取を始め、第一発見者としての発生時の説明と、客観的な状況との矛盾を突いた。今井容疑者は関与を否定し続けていたが、同居の母親にも相談したうえ、3人の殺害を認める供述を始めたという。

 逮捕容疑となった男性についての経緯も詳しく供述した。「寝ていた男性をベッドから起こし、歩かせた」「人目につかない裏庭を選んで落とした」と説明。動機については「手のかかる人で、以前から煩わしいと思っていた」「入浴をたびたび拒まれた」と供述した。この男性は要介護3で、認知症の症状もあったという。

 一方、以前から男性の介護にストレスを感じていたという今井容疑者がいつ殺意を抱いたのかや、なぜ連続して事件を起こす必要があったのかなど、不明な点も多いという。任意の段階と供述を変えている点もあるといい、県警は取り調べの録音・録画を実施。供述内容をどこまで裏付けられるかが今後の捜査の焦点になる。