[PR]

 相模原市の墓地で昨年6月、東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25)が遺体で見つかった事件で、元交際相手の佐藤一麿容疑者(30)=殺人容疑で逮捕=が、当時交際していた秋山智咲容疑者(24)=殺人幇助(ほうじょ)容疑で逮捕=に指示し、複数の場所で睡眠薬を購入させていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁によると、佐藤容疑者は2013年6月10日ごろ、阿部さんの自宅で、事前に購入した睡眠薬を阿部さんに飲ませ、首を圧迫して殺害した疑いがある。2人は容疑を否認し、秋山容疑者は「睡眠薬は買ったが目的は聞いていない」と話しているという。

 捜査関係者によると、佐藤容疑者は秋山容疑者に市販の睡眠薬を買うよう指示。秋山容疑者は阿部さんが死亡する前日の9日ごろ、山梨県上野原市や東京都新宿区近辺の薬局などで複数回購入し、佐藤容疑者に渡していたという。

 阿部さんの遺体から検出された睡眠薬の成分は、秋山容疑者が購入したものと一致。佐藤容疑者の自宅からも、昨年6月の逮捕時に100錠以上が見つかったという。

 警視庁は、佐藤容疑者が阿部さんに睡眠薬を飲ませて眠らせた後、首を圧迫して殺害したとみている。

■状況証拠重ね立件

 遺体発見から約8カ月。自供や犯行につながる直接的な証拠が得られない中、警視庁は複数の状況証拠を積み重ねることで、殺人容疑での立件に踏み切った。死亡した阿部さんは自殺や病死ではなく殺害され、「殺害行為に関わったのは佐藤容疑者しかいない」と判断した。

 司法解剖の結果、阿部さんは窒…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら