[PR]

 米大統領選で民主、共和両党の候補者指名争いに向けた「第3戦」が20日に行われる。民主党はネバダ州で党員集会を行い、クリントン前国務長官と急伸するサンダース上院議員の接戦となるのは必至だ。一方、共和党はサウスカロライナ州で予備選があり、実業家のトランプ氏が2連勝して本命候補としての地歩を固めるかが注目される。

 全米各州に先駆けて実施されたアイオワ、ニューハンプシャー両州での党員集会・予備選で、民主党のクリントン、サンダース両氏は1勝1敗で互角の戦い。

 クリントン氏は党員集会前夜の19日夜、ネバダ州ラスベガスで集会を開き、支持者に「一生懸命働く人たちが報われ、男女が平等に賃金を受け取り、インフラが整った社会を想像してほしい」と強調。一方で「出来ない約束はしない」と公立大授業料無償化などを主張するサンダース氏を牽制(けんせい)した。

 これに対し、勢いを増すサンダ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら