[PR]

 米大統領選の共和党候補者選びで地殻変動が進んでいる。政治経験がない実業家トランプ氏が各層に支持を浸透させ、サウスカロライナ州予備選挙でも勝利し、本命候補として着々と基盤を固める。一方、党の主流派として当初本命視されたブッシュ元フロリダ州知事が撤退。民主党はクリントン前国務長官が辛勝したが、左派のサンダース上院議員も勢いがあり、守るクリントン氏と攻めるサンダース氏という構図だ。

 「今夜は素晴らしい夜だ。選挙戦を始めてから、信じられない瞬間が続いている」。20日夜、支持者から歓声が沸き上がるのを満足そうに見渡しながら、トランプ氏は笑顔で語った。ニューハンプシャー州、サウスカロライナ州と2連勝し、勢いに乗る。

 いつもは他候補を容赦なくこき下ろすが、この日は「テッドやマルコも本当に善戦した。明朝から戦争に戻るが、ちょっと他候補を祝福したっていいじゃないか」。2、3位のルビオ、クルーズ両氏を持ち上げる余裕すら見せた。

 メキシコからの不法移民対策や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも